Open Sky
─a Project to make the Personal Jet Glider─
〜個人的に飛行装置を作ってみるプロジェクト〜

注:このプロジェクトは八谷和彦が、八谷個人の責任において「実際に乗れる一人乗り飛行装置」を開発・試作してみるプロジェクトであり、既存のマンガ・アニメーション作品等とは一切関係ありません。 したがって、このプロジェクトにおいてもしも事故等のトラブルがあった場合は、その責務は全て八谷や当該プロジェクトメンバーが負うべきものであることを明記しておきます。


オープンスカイのページは、今後こちら
http://www.petworks.co.jp/~hachiya/works/OpenSky.html

の新ページに移動します。
今後この旧ページは更新しません。




写真はキリンプラザ大阪の「スカイ-ハイ」展での展示で機体に乗ってみたところ(展示はすでに終了しています)。着陸寸前にフレアかけたらこんな感じでしょうか。

現在の作業は今冬の低高度テストフライトに向けて機体を飛行可能なように改造しているところです。展示の関係で1号機の作業開始が遅れるため、どうやら2号機の方が先に飛びそうな気配です。

キリンプラザでの機体の展示風景などは、 こちらにあります。ご興味のある方はどうぞ。


■「オープンスカイ」について。
このプロジェクトの最終的な目標は、人(体重50Kg未満の女の子)がひとり乗れる「パーソナルジェットグライダー」を作ることです。
このオープンスカイプロジェクトは以下の3つの段階が想定されています。

■フェーズ1 2003年(終了)
機体の基本設計およびいくつかの模型機による実験を行います。最終的には 1/2スケールのラジコン機「メーヴェ 1/2」による実験と、データ収集が目標です。

■フェーズ2 2005年
実機(実験機)を作ります。この実験機はパイロット訓練用のグライダー機として2機、M-01およびM-02が製作されます。こちらの機体は初級滑空機として製作され、バンジー発航による低高度の試験飛行に使われます。

■フェーズ3 2006年の予定
フェーズ2の結果を踏まえ、機体を改良した上で、1機をジェット化して、試験飛行を行います。試験飛行には無人機によるテストや訓練されたパイロットによる飛行実験が予定されています。最初はジャンプ飛行の実験、次に8の字飛行を成功させるのがこのフェーズの目標ですが、一定の成果が出た段階で試験飛行は終了し、以後はフライトは行いません。なお、この機体の量産化や販売予定はありません。

プロジェクトの業務日誌はこちら。(単なる日記のときもあります)

なお、現在「M-01」をペーパープレーンキットにしたものをミュージアムショップや美術書専門店で販売中です。ご興味のある方はどうぞ。

■動画など
NEW:
M-01の作り方 "How to make M-01"
(5min 54sec : 33.3MB : QuickTime)

こちらは、M-01が出来るまでのデジカメ写真約5000枚をコマドリにしたもの。
本来はスカイハイ展のために作ったものです。目がチカチカすると思いますが、どんな過程で作られたかはよくわかると思います。(カーソルでコマ送りにすると1コマずつ見れます)
音楽は万博会場用ムービー同様、宮崎貴士さん のオリジナル曲です。

万博会場用メイキングムービー"OpenSky movie for expo"
( 1min 52sec : 11.7MB : QuickTime)

こちらは、万博会場で上映中の映像です。
撮影、編集は上田大樹さん
音楽は宮崎貴士さん のオリジナル曲です。

M-01_1/5size model test flight 2004,Aug ( Hand launch,RC )
(24sec :448KB : QuickTime)

2004年8月
操縦:四戸哲

Moewe1/2 test flight 2003,7,Apr ( JET,RC )
(2min11sec : 8.6MB : QuickTime)

2003年4月7日@利根川河川敷
操縦:カミスモケイ 大塚達実

■静止画(jpg)
M-01実機の展示風景など(万博編)

M-01およびM-02実機の展示風景など
(万博搬出〜キリンプラザ大阪編)




■プロジェクトに関する、よくある質問

いわゆるQ&Aです。(2005年4月26日更新)



Topページに戻る。