Inter Dis-Communication Machine


他人の視点でしかものが見えなくなってしまい、 相手の立場に強制的に立たされてしまう。 アイデンティティの境界を 曖昧にすることを目的として 制作された作品。

さまざまな場所で公開されているが その度に改良を重ねている。 ただし最初に決められたスペック 「装着したままキスやセックスを可能にする」 というのは遵守されている。



(豊田市美術館 所蔵)

Equipments which exchange views between two persons.

You can only see through the other person's eyes when you wear these machines, which forcibly put you in the other's place. These were made to obscure the border between identities of two persons. This work has been exhibited in many places. Technically improved each time, however the concept "to make it possible to kiss or to make love with the partner while keeping the machines on" is observed.

Category of Exhibition Awards' 1993 Multimedia Grand Prix

The 4th International Biennale in Nagoya ARTEC '95

Honorary Mentions, The Interactive Art Category, the Prix Ars Electronica 1996



ミクストメディア サイズ不定